文字サイズ

藤浪、プロ最短KO「申し訳ない」

2回オリックス2死二塁、オリックス・ヘルマン2ランを打たれた阪神・藤浪晋太郎=京セラドーム(撮影・棚橋慶太)
3枚

 「交流戦、オリックス‐阪神」(20日、京セラ)

 阪神先発の藤浪が、2回3安打6失点で降板。プロ入り最短でのKOとなった。

 初回に先頭の平野に四球を与えると、続く安達の投前へのバントを藤浪が一塁へ悪送球で無死二、三塁と傷口を広げる。その後、ヘルマンの二ゴロの間に先制点を奪われ、2死二、三塁となって坂口に2点中前打を許し計3失点。二回もヘルマンに2ランを浴びるなど3失点を喫した。

 三回の攻撃で代打を送られて藤浪は降板。昨季に先発した試合では3度の4回KOがあったが、自身プロ最短での降板に「初回から失点してしまい、ゲームをつくることができず、チームに申し訳ない」とうなだれた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス