文字サイズ

岩崎 五回途中6失点KO

 「中日‐阪神」(7日、ナゴヤドーム)

 阪神の先発・岩崎が4回2/36安打6失点でKOされた。

 三回2死から連打と四球で一、二塁とすると、ルナに左翼線へ先制の適時二塁打を浴びた。続く平田にも中前適時打を許した。

 五回も2死から連続四球を与えて、森野に中前適時打を浴びると、110球で降板。「失点したイニングはどちらも2アウトランナーなしからだっただけに、悔いが残ります。ゲームを作ることができず申し訳ないです」と話した。

 プロ初登板初先発となった4月2日のDeNA戦でプロ初勝利を挙げるなど、好調をキープしていたドラフト6位左腕だったが、1日の広島戦に続き2試合連続で5回を持たずにKOを食らった。

 さらに2番手・玉置は和田に左翼席へ3ランを被弾した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス