文字サイズ

阪神が逆転勝ちで甲子園8年ぶり8連勝

6回阪神、2死一、二塁、左線2点適時二塁打を放つゴメス甲子園(撮影・持木克友)
3枚

 「阪神8‐7ヤクルト」(20日、甲子園)

 阪神が逆転勝ちで同一カード3連勝。本拠地・甲子園では8年ぶりの8連勝となった。先発岩田が乱調。初回無死二塁から上田の犠打を野選に悪送球で先制点を献上。さらに川端四球のあと重盗を決められ二、三塁から雄平の二ゴロの間に追加点を許した。

 2点ビハインドの初回1死二塁から鳥谷が中前適時打で1点差に迫る。

 しかし、二回に1死一、三塁から上田の一ゴロの間に1点、五回にはバレンティンに10号ソロで2点差に広げられる。

 反撃は五回。1死満塁からゴメスが走者一掃の左中間二塁打で逆転する。六回には2死から上本が中越え三塁打、大和が中前適時打でかえして追加点。さらに鳥谷四球のあと、ゴメスが左適時二塁打で2点を追加した。

 勝負あったかに見えたが、七回、3番手・加藤が2死からバレンティンに11号、代打・田中浩に1号を浴びる。八回には4番手・福原が飯原に1号で1点差に迫られた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス