文字サイズ

ゴメス甲子園初アーチ、初お立ち台

5回阪神、1死一塁、左越えに同点に追いつく二点本塁打を放ったゴメスを迎えるナイン=甲子園(撮影・持木克友)
3枚

 「阪神7‐5ヤクルト」(19日、甲子園)

 阪神の新助っ人、マウロ・ゴメス内野手(29)=ドミニカ=が同点の特大5号2ランを放つなど、3安打3打点の活躍を見せた。

 ゴメスにとって甲子園での本拠地初アーチ。3‐5の五回1死一塁から、ヤクルトの先発・石川の変化球を左翼スタンド中段まで運んだ。

 六回に勝ち越し打を放った上本ともに、ヒーローインタビューのお立ち台に上がったゴメスは「チームとして大きな意味のあるホームランだったので、非常に満足しています。(1号の)広島でもいいホームランだったが、やはり、この甲子園で沢山のファンの前で打つホームランは格別。非常にいいホームランだったと思います」と淡々と語った。

 この日で開幕から20試合連続出塁と、一発よりも的確な打撃と勝負強さでチームに貢献してきたが、今季18試合目の広島戦(17日、マツダ)でようやく1号が出て、アーチへの感触をつかんでいた。

 ゴメスは「自分自身はホームランが出なくても、そんなに心配はしていなかった。何とかチームを助けるバッティングをと心かげていた。これからはホームランも打って貢献したい」と話すと、最後にスタンドのファンに向かって、「グラシアス、オオキニ」と感謝の言葉を発した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス