文字サイズ

メッセ 6回6失点でKO降板

3回、広島に追加点を奪われ汗をぬぐいながらベンチへ戻る阪神 ランディ・メッセンジャー=マツダスタジアム(撮影・棚橋慶太)
2枚

 「広島‐阪神」(17日、マツダ)

 阪神のランディ・メッセンジャー投手が先発したが、6回6失点でKOされた。

 立ち上がりにエルドレッド、キラへの連続四球で満塁のピンチを招くと、松山に左翼線2点二塁打を浴びた。

 三回にはエルドレッドにバックスクリーンへたたき込まれる2ランを被弾。六回にも堂林の右越え適時三塁打などで2点を失った。

 自慢のストレートをとらえられるシーンが多く、全体的に精彩を欠いた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス