文字サイズ

阪神岩崎6回3失点「要所で打たれた」

5回広島、2死一、三塁、大瀬良大地に適時二点二塁打を打たれ無念そうな表情を見せる岩崎優=マツダスタジアム(撮影・持木克友)
3枚

 「広島‐阪神」(16日、マツダ)

 広島との首位攻防で先発マウンドに上がった阪神の岩崎優投手が6回5安打3失点でマウンドを降りた。

 二回無死一、三塁から梵の併殺の間に1点を失い、五回には大瀬良に2点適時二塁打を浴び、0‐3とリードを広げられた。

 阪神は六回に相手失策の間に1点を返したが、2点を追う七回1死、岩崎は代打・田上を送られ降板となった。

 岩崎は「コントロールが良くないなかでも、調子が悪いなりの投球はある程度できたかなと思います。ただ、要所で1本打たれてしまったのが悔やまれます」とコメント。プロ3度目の先発は初のビジター登板。5つの三振を奪ったが、ここ一番で踏ん張れず。大瀬良との新人対決で結果を残すことはできなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス