文字サイズ

東前頭常幸龍が右脚負傷 大相撲初場所5日目

 大相撲の東前頭14枚目の常幸龍(東京都出身、木瀬部屋)が初場所5日目の14日、千代大龍に敗れた一番で右脚を負傷した。押し倒された際、無理な体勢で古傷を抱える右膝が曲がった。土俵に戻れず、車いすに乗せられて花道を引き揚げた。

 4場所ぶりに幕内へ復帰した常幸龍は5日目まで2勝3敗。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    相撲最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(相撲)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス