文字サイズ

大相撲、3日目18年ぶり大入り 東京開催場所で

 大相撲初場所3日目の13日、東京・両国国技館の定員の9割弱に当たる9377人が来場し、東京開催場所の3日目としては、1997年初場所以来18年ぶりに満員御礼の垂れ幕が下がった。

 序盤戦の平日と集客面で難しい日をクリアし、15日間大入りも期待できる。人気回復を示す結果に北の湖理事長(元横綱)は「きょうが(前売り券の)残券が一番多いと聞いていた。大変ありがたい。力士は力を出し切って頑張ってもらいたい」と感謝した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    相撲最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(相撲)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス