文字サイズ

痛いドロー…長谷部は悔しさ隠せず

 「W杯アジア2次予選、日本0-0シンガポール」(16日、埼玉ス)

 日本代表は圧倒的に攻め込みながら、相手GKの好セーブなどに苦しみ、ホームで格下相手にまさかのスコアレスドロー発進となった。以下は主将のMF長谷部誠の試合後インタビュー一問一答。

 -苦しい、厳しい試合だった。

 「ホームでこれだけの素晴らしいサポートを受けながら勝てなかったことは、重く受け止めなければいけないと思います」

 -ハリル監督になっていろいろ変わったと思うが、引き続き見えた課題は。

 「これだけオーガナイズされた相手に対して、もう少し選手全員が速いスピードでプレーしなければいけないと思いますし、今日は課題が非常に出たかなと」

 -W杯への道の険しさ、アジアの厳しさを感じた試合。

 「もちろん、試合前から十分わかっていたつもりでしたけど、こういう結果になって、またより重く受け止めないといけないですし、また次に向かってしっかりやっていきたいです」

 -今後に向けて。

 「まだ始まったばかりなので、とにかく、今日の結果を、この悔しさをしっかり次にぶつけたいと思います」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス