文字サイズ

MF長谷部 シンガポール戦圧倒する

練習で汗を流す長谷部誠=埼玉スタジアム(撮影・開出 牧)
3枚

 「W杯2次予選、日本-シンガポール」(16日、埼玉)

 合宿中のサッカー日本代表は14日、埼玉県内で冒頭15分間を除いた非公開練習を約2時間行った。非公開時には主に攻撃面の戦術を確認。守備的に臨んでくるシンガポールを想定し、クロスボールなどの練習に時間を割いたという。

 W杯2次予選前、最後の調整試合となったイラク戦は4-0の快勝。16日からは2018年のロシアW杯に向けた戦いが始まるだけに、MF長谷部誠(E・フランクフルト)は「長い戦いだなとは思うが、どれだけ多くのことを求めてやれるかだと思う。もちろん、相手はリスペクトするけど、2次予選に関しては圧倒しないといけない。ただ勝つだけではなく、内容も結果も求めてやっていきたい」と意気込んだ。

 1年前のこの日は、ブラジルW杯1次リーグ初戦のコートジボワール戦(結果は1-2で敗戦)。惨敗に終わったW杯から、再び高みを目指す戦いが始まっているだけに、長谷部は「今、チームの中には良い競争が出てくる。僕もその競争の中で戦っていきたい」と気持ちを新たにしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス