文字サイズ

長谷部一問一答「自分たちの責任」

 日本-UAE PK戦でシュートを外し、長谷部(左)に慰められる香川=シドニー(共同)
2枚

 「アジア杯・準々決勝、日本1(4PK5)1UAE」(23日、シドニー)

 大会連覇を狙うサッカー日本代表は23日、シドニーのスタジアム・オーストラリアでアラブ首長国連邦(UAE)とベスト4をかけて対戦。PK戦の末、1人目のFW本田圭佑(ACミラン)、6人目の香川真司(ドルトムント)が失敗し、5人が決めたUAEに敗れた。

 主将のMF長谷部誠(Eフランクフルト)の試合後インタビュー、一問一答は次の通り。

 -勝つことはできなかったですが、今の気持ちを聞かせてください。

 「これだけチャンスを作り、相手は2つぐらいしかチャンスがなかった。これを決めきれなかったので、こういう結果になった。PK合戦はもちろん最後は運の部分があるが、試合を決定づけられなかったのは、自分たちの責任です」

 -手応えはあったか。

 「こういう結果となって、何が良かったとかは。結果がすべてなので、冷静に振り返ることはできない。現地で応援しくれた皆さんに申し訳ないです」

 -サポーターへ言葉を。

 「いつも変わらぬ熱いサポートを、スタジアム、そして日本で応援していただき、こういう結果になって残念です。力のなさを痛感してます。申し訳ありません」

 -まだまだ、ワールドカップ予選もあります。

 「気持ちの切り替えは必要ですが、アジアカップも真剣勝負なので、結果が残せず、何が足りなかったのか反省しないといけない」

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス