文字サイズ

霊長類ヒト科最強女子の肉体に感嘆の声

ポーズをとるギャビ・ガルシア=さいたまスーパーアリーナ
2枚

 「格闘技・RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX2015 IZAの舞」(31日、さいたまスーパーアリーナ)

 前日計量が30日、同地で一般公開の形で行われ、出場全選手が1回目でパスした。

 無差別級の女子MMA(総合格闘技)ルールで行われるギャビ・ガルシア(ブラジル)-レイディー・タパ(トンガ)は、ガルシアが98キロ、タパが90キロ。

 ガルシアは、日本でも活躍した総合格闘家のヴァンダレイ・シウバを絞め落としたという逸話を持ち、霊長類ヒト科最強女子の異名を取る。舞台で男性顔負けの筋肉で覆われた身長186センチの肉体を披露すると、観衆か感嘆の声が漏れた。

 計量後は対戦相手のタパと激しくにらみ合い、握手を拒否。会場に殺伐とした空気を漂わせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス