文字サイズ

田村潔司、7・18巌流島で復帰戦

08年大みそか以来の復帰戦が決まった田村潔司
1枚拡大

 7月18日に両国国技館で行われる格闘技イベント「巌流島」に元UWFインターナショナル、リングスの田村潔司が参戦することが27日、分かった。ムエタイをバックボーンにするムラッド・ボウジディ(チュニジア)と対戦する。復帰戦は08年大みそかに判定勝ちした桜庭和志戦以来、6年7カ月ぶり。

 田村はこの日、ディファ有明で行われた「巌流島 実験検証 道場マッチ2」終了後、公開会見に参加。「5、6年ぶりの試合になるけど、なぜこういう戦いの場所を選んだのか自分でもよく分からない」としながらも、「1点は(巌流島が)日本が発信する格闘技だと思っていて、出場するからには盛り上げたい。あと1点は矛盾するかもしれないけど、世界標準のオープンフィンガーグローブの戦い方を疑問に思っていたんで、1回経験してからいろんな角度で研究したい」とコメントした。

 ブランクがある中で覚悟を決めた。「問題ないといえばウソになる。最後の試合は30代中盤からの脂ののった時期。45歳になるけど、どこまでできるかというのは自分の中で不安がある。ある意味、45歳からのチャレンジャー」とうなずいた。

 また、同大会では元小結海鵬が格闘技に初挑戦する。ジミー・アンブリッツ(米国)との対戦が決まり、「初めての格闘技ですが、やるからには勝ちたい」と力を込めた。海鵬は11年の大相撲八百長問題で退職勧告を受けたが、関与を否定して解雇処分を受けた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス