文字サイズ

IGFが中国最大ネットTV局と提携

中国最大のネットTV局「PPTV」との業務提携を発表したIGF・アントニオ猪木会長(右から3人目。左から2人目は中国出身のワン・ビン)
IGF選手権の調印式に参加した(前列左から)挑戦者の石井慧、立会人のエメリヤーエンコ・ヒョードル氏、IGFのアントニオ猪木会長、立会人のヴァンダレイ・シウバ氏、王者のミルコ・クロコップ
IGF選手権の調印式に参加した(前列左から)挑戦者の石井慧、立会人のエメリヤーエンコ・ヒョードル氏、ヴァンダレイ・シウバ氏、王者のミルコ・クロコップ
3枚3枚

 IGFは29日、都内で会見し、中国最大のネットテレビ局「PPTV」と提携し、来年4月1日に現地に「第一プロレス」を設立すると発表した。

 道場と格闘技ジムを備えた6000平方メートルの施設をオープンし、来夏までの旗揚げ戦を目指すとした。

 IGFのアントニオ猪木会長は「世界へ向けてIGFが発信できる」と歓迎。高橋仁志社長は「PPTVとの提携は、人材を広く集めるためにも大きな力になる」とした。

 PPTV幹部は「PPTVは中国で一番大きいネットテレビ局で4億人規模の視聴者がいる。毎日、1千万人が番組『第一スポーツ』を見ている。WWEやUFCも放送しており、中国には格闘技が好きな人がたくさんいる。今回、IGFと協力できるのは幸せ。南京、上海など大都市で大会を開催できるようにしたい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス