文字サイズ

マエケン マー君から祝福され「楽しみ」

軽快なステップでボールを投げる前田健太=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
3枚

 広島から米大リーグ・ドジャースに移籍した前田健太投手(27)が22日、広島市南区のマツダスタジアムに隣接する屋内練習場で自主トレを公開した。ランニングや、メジャー球を使用したキャッチボールなど、古巣の練習場で精力的に汗を流した。

 大瀬良大地投手(24)、戸田隆矢投手(22)らは、前田がマウンドに立つ姿のシルエットを刺しゅうした帽子をかぶって、一緒に練習した。

 今月11日の移籍会見後、前田は沖縄に移動して、南国の地で10日間ほど自主トレ。前日21日から広島でトレーニングを再開した。大瀬良や戸田、ともに練習する中田廉投手(25)、飯田哲矢投手(24)らは、ドジャースのTシャツを着てトレーニング。約3時間、時折笑顔も見せながら精力的に汗を流した。

 練習後に会見に臨んだ前田は「気持ちはルーキー。プロ1年目の時と同じような気持ちで臨みたい」と決意に満ちた表情。今後は月末まで広島でトレーニングし、以降は場所を移して2月中旬のキャンプインまで練習を続ける。「楽しみと不安、半分半分です。もちろん楽しみだけではやっていけない。不安な気持ちを消せるようにがむしゃらに、必死になってやっていきたい」と抱負を口にした。

 同級生でヤンキースに在籍する田中将大投手からも「おめでとう」と祝福を受けたという前田。9月12日(米国時間)からは、ヤンキースとドジャースの3連戦が組まれている。「対戦が楽しみです。一度も投げ合ったことがないので、投げ合いたいですね」と同級生対決に思いを馳(は)せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      大リーグ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(大リーグ)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス