ホーム速報

 文字サイズ

田中将、じん帯部分断裂で全治6週間

2014年7月11日

全治6週間との診断結果が発表されたヤンキースの田中将大

全治6週間との診断結果が発表されたヤンキースの田中将大

拡大写真はこちら

 右肘の炎症で故障者リスト入りしたヤンキース・田中将大投手(25)についてブライアン・キャッシュマンGMが10日(日本時間11日)、電話会見に応じ、同投手の右肘じん帯の部分断裂と全治6週間という診断結果を発表した。

 田中将はこの日、ニューヨークからチームドクターらが滞在するシアトルへ移動。同GMによると、チームドクターら3人の診察とMRI(磁気共鳴画像装置)検査の結果、復帰までに最低でも6週間のリハビリ期間が必要と結論付けられた。現時点での腱移植手術(トミー・ジョン手術)は否定したが、リハビリが長期化することになれば手術に踏み切る可能性も示唆した。

 7年1億5500万ドル(約158億円)の超大型契約で獲得した右腕の長期離脱。ここまでチーム最多の12勝を挙げているエースの戦列復帰は早くても8月下旬となる。キャッシュマンGMは「落胆しているのは確かだ」と話した。



大リーグニュース

今日みられてます

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6

注目トピックス

カードローン、即日融資

私でも審査が通る?人気のカードローンを厳選比較!収入証明不要、即日融資も⇒

阪神タイガースプリント

紙面に掲載された厳選写真をお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

競馬G1プリント

紙面に掲載されたG1のレースシーンをお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

阪神 今日は何の日?

タイガースが1面を飾った出来事が満載!

今日は誰の誕生日?

毎日更新!誕生日を迎えた有名人を紹介