文字サイズ

キタサンブラックは引き続き武豊で春盾

 始動戦の大阪杯で2着だった昨年の菊花賞馬キタサンブラック(牡4歳、栗東・清水久詞厩舎)が、引き続き武豊騎手とのコンビで天皇賞・春(5月1日・京都、芝3200メートル)へ向かうことが6日、決まった。

 清水久詞師は「勝った馬(アンビシャス)は休み明け2走目で斤量も(2キロ軽い)56キロでしたし、こっちは久々で58キロでしたからね」と敗因を冷静に分析。“平成の盾男”の手腕に、G1・2勝目を託す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス