文字サイズ

【スプリングS展望】注目馬は…

スプリングS登録馬(騎手は想定)
1枚拡大

 過去10年の優勝馬では06年メイショウサムソン、09年アンライバルド、11年オルフェーヴル、13年ロゴタイプは本番もV。近年はより注目度が増してきたトライアルだ。

 注目は新潟2歳S覇者ロードクエスト。前走のホープフルSは休み明けで2着に敗れたものの、メンバー最速の上がり3F34秒1を記録と存在感は示した。1週前追い切りは新パートナーの池添が騎乗し、美浦Wでラスト1F11秒8を記録。「いい馬だね。距離も大丈夫」と鞍上は手応えをつかんでいる。

 新馬-京都2歳Sを連勝中の良血馬ドレッドノータスの母は重賞3勝馬ディアデラノビア。異父姉ディアデラマドレも重賞3勝と活躍した。今年の初陣となるが、矢作師は「全体的に良くなっている」と感触を伝える。

 2連勝中の芦毛のディープインパクト産駒マウントロブソンも底を見せていない。同じく4戦オール連対のミッキーロケット、京王杯2歳S2着のアドマイヤモラールにも注目だ。

 なお、出走を予定していたサトノキングダムは右後肢に疲れが出たため同レースを見送ることが決定。今後はダービー(5月29日・東京)を目標に立て直しを図る。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス