文字サイズ

藤田菜七子騎手は“ひな祭りデビュー”

 JRA史上、16年ぶり7人目の女性ジョッキーとして3月からターフに登場する藤田菜七子騎手(18)=美浦・根本康広厩舎=の“ひな祭りデビュー”が21日、ほぼ確定した。

 3月3日に川崎競馬場で行われる指定交流競走・マーチスター賞(ダート1600メートル)のJRA所属馬の抽選がこの日に行われ、当初から同騎手での参戦を目指していた自厩舎所属のレガリアシチー(牡6歳)が20分の7の抽選をクリアしたもの。根本康広調教師は「胃が痛くなったが、ホッとした」と喜ぶ。「追い切りは本人(藤田菜七子騎手)も乗っている馬で、一生懸命に走るので」と奮闘を期待していた。

 通常の新人騎手は3月最初の中央競馬で実戦デビュー(今年は5日)するが、同馬の体調さえ問題なければ、26日締め切りの最終登録を行う。一足早くプロとしての第一歩を踏み出す同騎手の参戦で、レース当日の川崎競馬場は大いに盛り上がりそうだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス