文字サイズ

【オート】永井船橋支部長が署名提出

山崎副市長に署名を手渡す永井大介支部長(左)
1枚拡大

 全日本オートレース選手会の永井大介・船橋支部長は9日、船橋オートの存続を求めて、船橋市役所で山崎健二副市長に12万5157筆の署名を集めた名簿を手渡した。

 売り上げ減などによる経営難を理由に、2015年度末での船橋オートの廃止を、共催する千葉県と船橋市は決定。名簿を受け取った同市の担当者は「12万人を超える署名で、ファンの熱い思いは受け止めたい。ただ、厳しい状況は変わりません」と話した。

 存続嘆願の署名活動を行ってきた永井支部長は「これだけ多くの方々が船橋オートの存続を望んでいます。絶対に諦め切れない」と訴えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス