文字サイズ

尾上松也、渡辺えりの“暴走”に大慌て

会見で和気あいあいとする(左から)赤井英和、渡辺えり、演出家の宮本亜門氏、尾上松也、瀧本美織、小倉久寛=東京・日比谷の帝国ホテル
1枚拡大

 歌舞伎俳優の尾上松也(31)が28日、都内で行われた主演ミュージカル「狸御殿」の製作発表に出席し、渡辺えり(61)の“暴走”にタジタジとなった。

 タヌキの国を舞台にした和製ミュージカルの20年ぶり再演。自分のタヌキっぽいところを聞かれた尾上が言いよどんでいると、渡辺は「アソコ(玉袋)がものすごく大きいって、そのことを言いたいんでしょ?」と勘違いフォロー。尾上は「違いますよ!!」と苦笑いするしかなかった。

 さらに渡辺は祖母がタヌキに化かされたことがあると告白。「タヌキってしゃべるんです」と真剣な表情で語り、笑いを誘った。

 尾上にとっては会場となる東京・新橋演舞場での初主演。8月1日~27日まで。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス