文字サイズ

国分運動会ビデオ判定 夜回り先生と対立

 TOKIOの国分太一が26日、TBS系「白熱ライブ ビビット」で、子供たちの運動会の徒競走でのビデオ判定について、元教員のコメンテーター・水谷修氏とやり合うシーンがあった。

 番組では運動会シーズンということもあり、「イマドキ運動会のモンスター保護者」という特集を放送。運動会での撮影や場所取りなどの、数々の事例を紹介した。

 その中で、子供の徒競走でビデオ判定を求める保護者がいることに、国分は「いわゆる、チャレンジですね。これは、ぼくはありだな」と、スポーツ競技で審判に再確認を求める「チャレンジ制度」を例に挙げてコメントした。

 周りの出演者からは「えー?」などの声も上がったが「なんか、ここまで熱くなるってすごくいい。親も必死なんですよ。今は1位を決めない運動会もあるっていうじゃないですか」と、勝負にこだわる姿勢に理解を示した。

 これにかみついたのが、元教員の水谷氏。「私が校長なら即レッドカード。次から来ないでくださいという。努力して一生懸命走ったことに意味がある」と持論を展開すると、国分は「じゃあ、そこはやっぱり1回チャレンジいれたらいいじゃないですか。努力してるんですから」と一生懸命だからこそ、順位にこだわるべきと主張していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス