文字サイズ

ベッキーの本音引き出した“中居力”

「金スマ」で復帰したベッキー
1枚拡大

 ゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音(27)との不倫疑惑報道で、休業していたタレントのベッキー(32)が13日に放送されたTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜、後8・57)に出演。1月6日の“会見”で不倫を否定したことに「ウソはありました」と謝罪。不倫と知りながら交際を続けたことに「ブレーキがきかなかった。感情に溺れた」と心情を吐露し、涙を流した。

 番組後半、SMAP中居正広(43)とのひざを付き合わせての18分の2人トーク映像。会見で嘘をついたこと、不倫報道後も川谷との交際継続に希望を持っていたこと、1月中旬で川谷との連絡を断ったものの、実際には、何度も「好きじゃない、好きじゃない」と自らに言い聞かせ、ようやく気持ちを吹っ切ったこと…など、偽らざる気持ちを引き出したのは、中居の存在だった。

 「ブレーキをかけられなかった」と涙をぬぐったベッキーに「立場考えろ、奥さんの立場」と悟し、「(会見で付き合ってると)言いたくないの分かるよ、でも旅行に行って付き合ってないというのは通用しないんじゃないか」とピシャリ。

 もう「好きじゃない」と主張すると、「好きじゃないです……か」とつぶやく。すると、ベッキーは「う~ん」と言葉に詰まり、「もちろん報道が出た後、好きな気持ちがありましたし、正直、報道が落ち着いたら、何カ月か後に出会ってまた恋が始まるかな、という気持ちも正直ありました」というコメントが生まれた。

 「罪の大きさを知って」恋(不倫)を諦めたというベッキーに「『こういう恋はいけない=明日からダメです』、そういう風になれる?」と、すぐに気持ちの切り替えができるのか?と尋ねる。そして、「(今は)好きじゃない、好きではないです」口にしたベッキーに「あ~、そう。スゲー好きだったんだね」とうなずくように話すと、「う…ん、そうですね。好きでした…、ごめんなさい」と大粒の涙をボロボロと流したのだった。

 ネット上ではベッキーのこの反応に「未練」を感じた人も多かったようだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス