文字サイズ

ベッキー涙の懺悔【一問一答(中)】

 ゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音(27)との不倫疑惑報道で、休業していたタレントのベッキー(32)が13日に放送されたTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜、後8・57)に出演。1月6日の“会見”で不倫を否定したことに「ウソはありました」と涙を浮かべ謝罪。不倫と知りながら交際を続けたことに「ブレーキがきかなかった。感情に溺れた」と心情を吐露した。【以下、中居との2人トーク全文(中)】

(中居)「相手好きだったんでしょ。恋愛はしてるけど、付き合ってはないんだ…」

(ベッキー)「そこは子供の言い訳みたいなんですけど」

(中居)「そこだね。そこちゃんとした方がよさそうだね。下世話な話になっちゃう、言いたくないの分かるよ。でも、旅行に行って付き合ってないというのは、通用しないんじゃないか」

(ベッキー)「はい。おっしゃる通りです」

(中居)「お付き合いはしてたんだよね」

(ベッキー)「はい、気持ちが通った時点で不倫だと思います」

(中居)「LINEが出たんでしょ。どういうのが出たんですか」

(ベッキー)「あの会見の前夜なのに、『ありがとう文春』って言ってしまったり」

(中居)「会見の前にどうして。(川谷と打ち合わせして)こんなんでいこうかって?」

(ベッキー)「『堂々と道を歩けるかもね』とか。その時は感情に溺れて、まだ、お付き合いしたいと思っていたので。ごめんなさい、本当に」

(中居)「今、彼とは会っていますか」

(ベッキー)「会ってません。もう連絡も1月中旬からとっていません」

(中居)「それで大丈夫なの?環境がそうさせたのか、相手がもう連絡も取りたくない人になってしまったのか」

(ベッキー)「最初の報道があって、その次の週に奥様の記事が出たんですけど、そこで初めて奥様の気持ちを知って、ハッ、私はこんな風に傷つけたんだと」

(中居)「『別れるかもしれないから、それを待って』という、そっち(離婚)の準備ができてるんじゃないかな、(という記事が)出ました」

(ベッキー)「そこで、自分の罪の大きさをさらに知って、本当にこれは間違った恋だったんだと知って。そこから連絡を取ってないです」

(中居)「間違った恋だ、と何で思ったんだろう」

(ベッキー)「もう夫婦関係は破綻していると思っていたので。あっこれは間違った恋だなぁ、っていう認識も正直ありました。でも、そのうち、お別れをあちらがするかもしれないし。でも、実際インタビューを読んだら、奥様は長崎のご実家に行かれることを楽しみにしていたというのも書かれていて。そこに私が行ってしまった訳ですから…本当に最低なことをしてしまった」

(中居)「あの時はどんな時期?お正月、まだ奥さんはいることは?」

(ベッキー)「知っていました」

(中居)「好きな人の実家…う~ん」

(ベッキー)「本当に最低なことをしてしまった」

(中居)「それを今、すっげえ感じるんだ」

(ベッキー)「はい。(涙声で)なんか、相手の立場に立って物事を考えることができていなかった。自分の気持ちことしか考えてなかったですね」

(中居)「何で行ったの。何で彼の実家にいったのかな。ご挨拶とか意識していたのかな」

(ベッキー)「親戚のお子さんがいらしゃって、会わせたいということでお誘い頂いて、行きました。私は自分の都合のいいように行ってしまった。実家ということは(私のことを)真剣に考えてくれているのかなと。浅はかな、おろかな考えでした」

(中居)「もし、そんな機会があったら行きたいよね。でも、よくよく考えてみると、実家だった…」

(ベッキー)「絶対に行ってはいけなかった。気持ちが大きくなって、本当に愚かでした」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス