文字サイズ

元ベイビーギャング北見被告に実刑

元ベイビーギャングの北見寛明被告
1枚拡大

 道路交通法違反(無免許運転)により起訴されていた元お笑いコンビ・ベイビーギャングの北見寛明被告(32)の判決公判(田中結花裁判官)が28日、東京地裁で開かれ、懲役4カ月の実刑判決が言い渡された。

 イケメン芸人として活動していた北見被告だったが、3年前に同じ罪で受けた刑の執行猶予中であったことや、15年7月ごろから複数回、無免許運転を繰り返したこと、摘発された際に他人の名前を述べ同乗者にも同様のことを求めていたという態度の悪さから、執行猶予はつかなかった。

 黒のスーツ、黒のネクタイ姿で入廷した。頭髪は黒く染め、ひげもさっぱりとそっていた。判決が言い渡される前に弁護人から、所属事務所「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」から契約を15日付で解除されるなどの社会的制裁を受けたことについての被告人質問があった。

 契約解除について北見被告は「罪の重さを考えればいたし方ない。真摯(しんし)に受け止めています」と静かに語った。また、「相方、家族、関係者の皆さま、ファンの皆さまを裏切り、ご迷惑をかけたことを心から反省しております」と謝罪した。

 最後に「自分の身勝手な行動と、たくさんの皆さまにご迷惑をかけたことを心から反省しています。二度とこういうことを起こさないことをお約束します。申し訳ありませんでした」と反省の弁を述べたが、裁判官の判断は厳しいものだった。

 阿曽山大噴火が13日に北見被告の刑事裁判を傍聴したことを、14日のラジオ番組で報告していた。これを受けて所属事務所が事情聴取し、おおむね指摘された事実を認めたため、重大なコンプライアンス違反があったとして15日付で北見被告との契約を解除した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス