文字サイズ

瀬川瑛子 モノマネ感謝も牛扱いには…

50周年記念コンサートを開催した瀬川瑛子=東京・中野サンプラザ
和太鼓を披露した瀬川瑛子=東京・中野サンプラザ
2枚2枚

 歌手・瀬川瑛子(67)が22日、東京・中野サンプラザで、デビュー50周年記念コンサートを開催した。「長崎の夜はむらさき」「命くれない」といった大ヒット曲を持つ瀬川だが「デビューしたころは、50周年を迎えられるとは夢にも思わなかった」と万感の思いを語った。

 紅白にも出場した父で歌手の故・瀬川伸氏からは、若いころに「自分のモノマネしてもらう歌手になったら栄誉」と言われていたという。初めて自分のモノマネを見た時は「うれしかった」と言うが、「その後、コロッケさんや栗田(貫一)さんが、牛の格好で私のモノマネして。それには言いたいこともあるけど、自分が活動してない時もやってくれた。これも50周年を歩いてこられた1つの力。これからも続けてほしい」と、感謝の言葉を送っていた。

 コンサートでは、代表曲や新曲「泣きたい夜」など16曲を熱唱。46歳から始めたという和太鼓も披露した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス