文字サイズ

窪塚洋介、地震警戒訴え続けていた

窪塚洋介
1枚拡大

 地震予知を相次いで的中させている台湾の地震預測(予測)研究所(林湧森所長)が、3月6日に「20日以内に日本でM7以上の大地震の可能性」と予測し、この予測を元に俳優でレゲエ歌手の窪塚洋介がツイッターで警鐘を発し続けたことが話題になっている。

 同研究所は3月6日、「20日以内に日本でM7以上、あるいは北台湾でM6以上の強い地震が起きる」という予測を研究所の公式フェイスブックで発表した。

 これを知った窪塚は3月9日に「台湾の地震研究所のフェイスブックで3/15、16に日本で巨大地震の予測出てるから警戒してる」とツイート。東日本大震災から5周年となる同11日には「次なる震災に備える」とつぶやいた。

 予測期間を過ぎた4月2日にも「still 震災警戒baby」とツイートし、12日にも「20日くらいまで超警戒なんだね。まぁずっとだけどね。もしもの時は、建物倒壊気をつけつつ、沿岸部の人は高いところに逃げろよ」と警戒を解かないよう訴えていた。

 そして14日に熊本地震発生。窪塚は「まだ来るぞ」と余震への警戒を呼び掛けた。

 地震預測研究所は台湾各地や上海に観測計を置いて電磁波を計測し、その数値グラフが過去に観測された地震発生前の波形と似た形を取った時に発生を予測している。

 1月3日に「アラスカや日本で7日以内にM7・6クラスの地震が起こる」と予測し、21日目の24日にアラスカでM7・1の地震が発生した。2月4日には「中南台湾で7日以内にM6・5の地震が起きる可能性がある」と予測し、2日後にM6・4の地震が発生(台湾南部地震)した。また2月13日には「南日本または南太平洋でM6・5」と予測、同15日に鳥島近海でM6・2の地震が発生している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス