文字サイズ

波瑠 「あさロス」始まりしみじみ

 NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」が2日、最終回を迎え、ヒロイン・白岡あさ役を務めた女優・波瑠(24)が大阪市のNHK大阪ホールで、午後の放送をファンと鑑賞する「あさが来た 最終回を見る会」に参加した。

 最終回が幸せなエンディングを迎え、満員の1100人のファンから万雷の拍手がわき起こる中、登場した波瑠は、さわやかな笑みを浮かべ「いよいよ本当に終わる日が来たかと。走りきったという気持ちもありますが、さみしいです」と語った。

 この日の最終回は、午前の放送は見ず、午後の放送をステージの舞台袖で鑑賞した。「きょうはこの会で最終回を見ようと思ってました。1視聴者になっていいのなら、こんな素敵なラストはないでしょう。最終週の台本をいただいた時から鳥肌が立ち、なんて温かく素敵なエンディングを迎えるんだと思ってました」。

 ファンに愛された番組が終わった喪失感はあるかと聞かれると「私はきょう、終わってしまったっていうロスが始まりました」と、しみじみ。

 「あさが来たを好きな皆さんと一緒に最終回を見られる時間をいただけて、幸せでした」と感謝した。

 この日の会にはペア650組(1100人)の定員に対し、3102通の応募があったという。

 同ドラマの視聴率は発表されている3月31日までの全話平均が23・5%まで上昇。4日に発表される最終的な全話平均が、02年前期「さくら」(全話平均・23・3%)を抜いて、今世紀の朝ドラ1位となることが確実な情勢となっている。

 これに波瑠は「本当にありがたいことだと、これこそ本当にびっくりぽんですが、正直、よく分からないです」とヒロインの名セリフを用いて、まだ実感がわかない心境を吐露。

 3月5日に全撮影を終えた後も、“びっくりぽん”は「プライベートでは、まあちょこちょこ使ってます。さっぱりぽん、すっきりぽん、がっかりぽん、使えるものは何でも使ってます」と明かす一方で「新しいドラマの収録現場で、イントネーションが標準語と違うと、ちょっと関西に寄ってるねって、よく注意されています」と明かした。

 同ホール1階のロビーには、ドラマ撮影で使用された加野屋のセットや、衣装などが展示され、カメラを持ったファンが長い列を作って混雑する盛況となった。また、終演後には2、300人のファンがホール前の沿道に並び、タクシーで帰路につく波瑠や共演者らを拍手で見送る“あさロス協奏曲”が続いていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス