文字サイズ

中山美穂、30周年での初舞台に緊張

屋台の椅子に乗って演じる中山美穂(左は橋本淳)=東京・下北沢の本多劇場
おでん鍋が気になり、屋台の椅子を駆け上がる中山美穂=東京・下北沢の本多劇場(撮影・西岡正)
笑顔でポーズをとる(左から)橋本淳、萩原聖人、中山美穂、勝村政信、内藤裕敬=東京・下北沢の本多劇場
3枚3枚

 女優の中山美穂(46)が26日、東京・下北沢の本多劇場で、初出演となる舞台「魔術」(27日-4月10日)の公開舞台稽古と会見を行った。

 初日を目前に控えた中山は「本当に緊張しています。でも、すごく楽しみという気持ちも同じくらい」と心境を吐露。デビュー30周年で迎える初舞台に「30年目で初めてのことができるということは、これからにつながるものではないかと思って、あえて30周年という時にこの舞台をやってみたいと思いました」と思いを口にした。

 また、30年を振り返り「早いですけど、30年と聞く言葉の重みはすごい感じますね…」と笑顔。舞台では、靴下を脱いで“生足”をおでん鍋の中に入れたり、共演の萩原聖人(44)らを「アホンダラ!」とののしるシーンもあるなど、新たな一面も見せていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス