文字サイズ

スピワゴ小沢 マーシー違いで大迷惑

スピードワゴンの小沢一敬
1枚拡大

 お笑いコンビ、スピードワゴンの小沢一敬(42)が20日、フジテレビ系のトーク番組「ボクらの時代」に出演し、“マーシー違い”で大迷惑をこうむったことを明かした。

 小沢が中学生時代にロックバンドのBLUE HEARTSがデビューし、以後、夢中になったことを告白。とりわけ“マーシー”の愛称で親しまれた真島昌利にあこがれたという。

 小沢は「マーシーがどんな音楽を聴いてきたか、マーシーがどんな本を読んできたか、すごい追っかけた。マーシーみたいな大人になりたいと思った」と振り返った。今の中学生が小沢を見ときに、「『あんな生き方したら楽しそうだな』っていう生き方をしたい」と真島にあこがれた自分自身となぞらえた。

 小沢は以前、同様のことを取材でも述べたという。小沢は「そしたらその人が田代まさしと書いて」と明かし、共演したチュートリアル徳井義実の爆笑を誘った。何の取材を受けたのかは放送では流れなかったが、取材記者がマーシーと聞いて田代まさしと思い込んでしまったことを明かした。

 小沢は「勝手に書き換えちゃって。おれ、田代まさしさんに中学の時にで出会ってとなって。『田代まさしみたいになりたくて』って書き換えられちゃった。俺がマーシー、マーシーって言うから」と苦り切った表情で述べた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス