文字サイズ

嵐・二宮 最優秀主演男優賞スピーチ

 第39回日本アカデミー賞授賞式が4日、都内で開かれ、嵐の二宮和也(32)が「母と暮せば」で最優秀主演男優賞を受賞した。昨年、「永遠の0」で同賞に輝いた先輩グループ・V6の岡田准一(35)に続く快挙でジャニーズ事務所のタレントが連覇を果たした。二宮の受賞スピーチ全文は以下の通り。

 「はあ~、ありがとうございます。昨年ですね、先輩である岡田准一君がこの賞をいただきまして、すごくうれしくて、家でいい酒だなと思って飲みながら、すみません先輩、見させていただきました」

 「飲んでいくうちに悔しくて、『俺も欲しいな』とだんだん思ってきたときに会ったのかな岡田君と。そのときに『次はおまえだから』と言っていただきました。まだピントはあってませんでしたし、ここに立つとは思ってなかったですけど。すごくうれしいですし、『取ったな』と思います」

 「2年連続で僕が先輩の次にいただくっていうのはすごくうれしいですし、この姿を嵐の人たちは絶対見てくれていると思いますし、喜んでくれていると思います。ジャニーさん、メリーさん、ジュリーさんとずっと迷惑をかけてきた人たちに、これでちょっとは恩返しできたかなと思うとありがたく頑張っていこうと思っています。きょうはいい酒が飲めそうだなと。岡田君に自慢します。本当にありがとうございました。これからも頑張っていきます」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス