文字サイズ

百田氏 法廷で声荒らげイライラ証言

 2014年1月に亡くなったタレント・やしきたかじんさん(享年64)の長女が、たかじんさんの闘病生活を取り上げた作家・百田尚樹氏の著書「殉愛」により名誉を傷つけられたとして、発行元の幻冬舎に出版差し止めなどを請求した訴訟の第9回口頭弁論が2日、東京地裁で開かれ、百田氏が証人として出廷した。「さっきから全然ウソの質問して。何それ?!」と声を荒らげるなど、感情的になったり、早口トークを注意される場面もあった。名誉毀損については「悪く書くつもりはなかった」と述べた。

 証人質問は主に、百田氏の取材が十分であったか、正当なものか、という点について原告側、被告側、裁判長から行われた。

 スーツ姿で姿を見せた百田氏。早口でまくしたてるトークでおなじみだが、最初の質問に答えたところで、裁判所側から「少しゆっくりしゃべっていただいて…」と要求され、「これでもゆっくりしゃべってるんですけどねえ」とぼやいた。

 その後も一つの質問に延々と語る“大演説”スタイルに「聞かれてないことは話さなくていいです」と何度も注意された。

 この件については閉廷後、百田氏は自身のツイッターで「話し出したら止まらないんやもん、しゃあない」とぼやいていた。

 週刊誌記事を証拠として示し、質問した原告側代理人に対し、いらだちを隠せない様子で「さっきから全然ウソの質問して。何それ?!」と叫ぶ場面も。たかじんさんから依頼されたわけでもないのに、「殉愛」の書籍に巻かれた帯に「故人の遺志を継いで」とあることを問いただされると「映画の宣伝など帯は多少あおるものではないですか」と“百田節”で反論した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス