文字サイズ

海老蔵 光源氏の“心の闇”表現したい

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が22日、京都市内で「市川海老蔵特別公演『源氏物語 第二章~朧月夜より須磨・明石まで~』」(4月6~16日、京都劇場)の会見を開いた。

 2014年の南座での初演が好評で、第2段を上演することに。海老蔵は「光源氏を演じるうえで表現したいのは“心の闇”。そして日本の四季の美しさをこの『源氏物語』で表現していきたい」とやる気を表現。「京都にぴったりの演目。文化に触れてもらうきっかけになれば」と来場を呼びかけた。

 歌舞伎、能、オペラを織り交ぜながら「源氏物語」の世界を表現した舞台。前回に続いて脚本を担当する今井豊茂氏は「前半はオペラと歌舞伎、後半は能と歌舞伎でみせていく構成を考えています」と演出面での自信をのぞかせた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス