文字サイズ

加護亜依 モー娘。卒業以来の熱唱で涙

ライブイベントに出演した加護亜依(中央)
ライブイベントに出演した加護亜依
ライブイベントに出演した加護亜依(右)と長江健次
ライブイベントに出演した加護亜依(中央)
4枚4枚

 元モーニング娘。の加護亜依(27)が19日、タレントで俳優の長江健次(51)と神戸市内のライブハウス「チキンジョージ」で開催された「商売繁盛 長江健次 Cafe」に出演。2004年8月の卒業以来となる、自身がセンターを務めたモー娘。のヒット曲「I WISH」や「ザ ピース」などを熱唱し、涙を流し喜んだ。モー娘。の曲を歌うのは「10年ぶり以上」という。

 ステージで歌を披露した後、長江とのトークの場面だった。今回、久々にモー娘。の楽曲を歌った理由を「今まで歌えなかったんですよ、なんか歌っちゃいけないと思ってて…ごめんなさい」と言った途端、言葉に詰まった。右手で涙を拭い「歌っていいよとアップフロントの皆さんが言ってくれて。つんくさんの声も無くなっちゃったと聞いたので」と前に所属していた事務所の名前をあげ、思いの丈を振り絞った。

 波瀾(はらん)万丈だった。2000年、12歳でモー娘。に加入。グループの顔的存在だったが、未成年だった06年に喫煙で謹慎。07年にも喫煙が報じられ所属事務所を解雇された。さらに、14年10月に元夫が出資法違反容疑で逮捕。同6月には元夫との離婚が成立した。昨年8月に離婚成立後初のテレビ出演を果たしたが活動停止に近い状態だった。

 これまでは「ずっと歌いたいと思って、でもまだ歌っちゃダメだと思って」と苦しかった心情を吐露した加護。芸能界復帰への可能性を探りながら、落語家・春風亭小朝の助言でジャズも練習。この日は名曲「オール・オブ・ミー」もしっとりと歌い上げた。

 アンコールでは、人気絶頂時をほうふつとさせるパフォーマンスも披露。アンコール曲「恋愛レボリューション21」では激しいダンスで会場を熱気に包んだ。「私が出るから大事な曲だから歌っていきたいと思って歌いました」。1人、新幹線で乗り込んだ神戸でのステージを境に再びファンを魅了していく。

 なお、2月10日に東京・六本木クラップスでバースデーライブ、同23~28日まで池袋シアターグリーンで舞台「リプレイ」に出演する予定だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス