文字サイズ

吉永 ニノの手紙に涙「一緒の船に…」

初日の舞台あいさつをする吉永小百合=東京・丸の内ピカデリー1(撮影・西岡正)
黒木華と共に笑顔で手を振る吉永小百合(左)=東京・丸の内ピカデリー1(撮影・西岡正)
贈呈された手紙を大事そうに手で押さえる吉永小百合=東京・丸の内ピカデリー1(撮影・西岡正)
3枚3枚

 女優の吉永小百合(70)が12日、都内で主演映画「母と暮せば」の初日舞台あいさつに登壇。嵐の二宮和也(32)からサプライズの手紙を読み上げられ、瞳を潤ませた。

 劇作家・井上ひさしさんが広島原爆を題材にした戯曲「父と暮せば」と対になる、長崎を舞台にした山田洋次監督(84)の最新作。二宮は原爆で亡くなり、母(吉永)のもとに亡霊となって戻ってくる息子役を演じた。

 撮影中には吉永がサプライズで二宮の誕生日を祝い、二宮も「かずや」と間違えられやすい名前を「かずなり」と浸透させてくれたことに感謝。すっかり“相思相愛”だった。

 二宮はスタッフたちの思いをまとめた上で、自分の気持ちを手紙にしたため「小百合さんと一緒の船に乗って、本当に幸せな時間を過ごしました。小百合さんとまた一緒に素晴らしい作品を作りたい。それが今日からの我々の目標です」と読み上げた。

 吉永は一瞬、言葉が出てこなかった。撮影前には二宮の子供時代の写真をもらい、息子としてのイメージを膨らませていたという。「うれしいです。感激しています」と絞り出した言葉は震えていた。「みなさんのおかげでやり通せたと思います。胸一杯です」と“孝行息子”のサプライズを受け止めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス