文字サイズ

中居正広 SMAP解散の危機語る

 SMAPの中居正広が18日、自身がMCを務めるフジテレビ系バラエティー番組「中居正広の神センス!塩センス!お騒がせな芸能人の失敗告白SP」でSMAP解散の危機について告白した。5人そろって食事をすることはないという。

 ドランクドラゴンの鈴木から「SMAP解散の危機はあったんですか?」と尋ねられると中居は「30年ちかくやってればあるんじゃないですか」と率直に認めた。「ちょっとケンカしたり、小競り合いがあるとすぐそっちに直結」と続け、「森君がやめたときが一番。6人から5人になるときは覚悟決めなきゃいけないと思った」とグループをやめてオートレーサーになった森且行の名前をあげた。

 中居は「5人でやるものなのか、ばらばらでやるのか。それが96年だった」と振り返った。結果、「5人でやろうぜ」と再スタートを切った。中居は「96年5月に(森が)やめたけど、4月にスマスマがスタートした」と同局系の「SMAP×SMAP」が始まったことを述べた。また、「ビストロSMAPは森君が料理うまかったから始まった。その2カ月後に本人やめちゃうからね」と裏話も披露。

 また、5人の普段の付き合いについて中居は「5人でご飯を食べることはない。森君がやめるって時に食べたくらい。ツアー行って地方に行って5人で食べることもない。俺は外に出ないから。地方のおいしいものとか全然興味はない。ルームサービスのカツカレーが大好き」と独特の価値観を語った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス