文字サイズ

林葉直子、車椅子生活送っていた

車椅子生活を送っていた林葉直子
1枚拡大

 重度の肝硬変で療養中の元女流棋士のタレント、林葉直子(47)が車椅子生活を送っていたことを29日、公式ブログで明かした。

 林葉は「私的なご報告」として「実は先日まで車イス生活をしていたのでしたが、なんとか無事復帰、自分の足で歩けるようになりました」と報告した。

 ただし車椅子を使うようになった理由は肝臓障害が原因ではなく「ちょっと転んだのです」と説明した。

 とはいえ、体は「ボロボロで」、転んだだけで筋肉を傷めたため大事を取って車椅子を利用した。しかし「車イス生活に慣れてしまう」のを恐れてリハビリ開始。やっと立ち上がって歩行できるようになったという。

 林葉は昨年2月に重度の肝硬変を患っていることをブログで告白、福岡県内の自宅で療養を続けている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス