文字サイズ

アグネスひと安心も「ショック…」

沈痛な面持ちで取材を受けるアグネス・チャン=大阪市内
1枚拡大

 今月19日に、歌手のアグネス・チャン(60)のツイッターに「メッタ刺しにして殺す」などと書き込んだ疑いで、24日、都内に住む15歳の少年の自宅が家宅捜索されたと報じられた。これを受けて、同日、大阪市内でイベントコンサートに出演していたアグネスが、急きょ取材に応じた。

 アグネスはコンサートが始まる直前にマネジャーから少年の自宅が家宅捜索を受けているとだけ聞かされたという。少年に疑いがかけられていることには「とてもショックです、胸が痛みました。ただ、親の気持ちを考えるととてもつらいだろうなと思います」と沈痛な面持ちだった。

 「頭が混乱してて…」とまだ、心の整理はついていない様子だったが、事件が解決の方向に向かっていることにはひと安心。前日の23日には、書き込みに対して「怖かった」などと心境を語っていただけに「警察の方に感謝です。心配してくださった方も大勢いるので」と胸をなで下ろした。

 アグネスは日本ユニセフ協会大使として、児童ポルノ根絶を訴えてきた。実は活動を始めた直後から、悪質な書き込みが毎日のようにあり、自身が法制化に向け動いた児童買春・児童ポルノ禁止法が今年7月に施行されて以降は、さらにエスカレートしたという。少年によるものと見られている書き込みは「児童ポルノを認めないと君のアグネス御殿は血まみれになりますよ」などとあった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス