文字サイズ

佐野氏、取材に対応せず妻が謝罪

講演を終え、車に乗り込む佐野研二郎氏=京都市内
講演を終え、車に乗り込む佐野研二郎氏=京都市内
講演を終え、車に乗り込む佐野研二郎氏=京都市内
3枚

 デザインした2020年東京五輪の公式エンブレムなどを巡り“模倣騒動”の渦中にあるアートディレクターの佐野研二郎氏(43)が18日、京都市内で講演を行った。会場に集まった報道陣に佐野氏本人は対応せず、同行した広報担当を務める妻が応対し、謝罪した。

 講演終了後も、佐野氏本人は取材対応せず、車で会場を後にした。代わりに、広報担当を務める妻が報道陣に応対。トートバック問題に関して「佐野は監修の立場にあり、一日も早く事実を公に明らかにしてお詫びする必要がありました」と経緯を説明して謝罪した。

 一方で、五輪エンブレムの自主撤回の可能性を問われると「トートバックとエンブレムは別問題と考えています。エンブレムに模倣はなく、辞退できるものなのかも分かりませんし、判断する立場にない」とし、自主撤回を否定した。

 トートバック問題に絡めて、過去の佐野氏の作品についても検証を行い「問題ない」との結論に至ったとし、報道陣からこれ以上のトレース(写し)はないかと問われると「もう出てくることはないと思います」と話した。

 この日は新たに、佐野氏が手がけた名古屋市の東山動植物園のシンボルマークが、コスタリカの国立博物館のマークに類似しているとの指摘があり、同園が関係企業に事実関係の調査を依頼したことが判明。この点について妻は「関係企業から問い合わせがあったが、コスタリカからの問い合わせなどはなく、模倣もない、と回答した」と説明した。

 佐野氏はこれまで、五輪エンブレムが海外作品と類似していると指摘されている疑惑に対し、5日に開いた会見で「パクることをしたことはありません」と否定。

 しかし13日に、自身が代表を務めるデザイン事務所が手がけたサントリービールのキャンペーン賞品のトートバックに関し「第3者のデザインをトレースしていたことが判明した」として30種類中、8種類を取り下げていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス