文字サイズ

橋下氏失笑 大阪会議モメただけで終了

紛糾した「大阪戦略調整会議」でバトルを繰り広げた橋下徹大阪市長=大阪市内
モメただけで終了した「大阪戦略調整会議」終了後に、苦笑いを浮かべる橋下徹大阪市長=大阪市内
2枚2枚

 大阪府、大阪市、堺市の3首長と議員の計30人が集まり、共通問題などを協議する「大阪戦略調整会議(大阪会議)」の第1回会合が24日午前、大阪市内で行われた。5月に住民投票で否決された大阪都構想に代わり、新たに財政再建策などが話し合われる場と期待されたが、初回会議は約2時間、入り口の議論で紛糾し、モメただけで終了した。

 同会議は、自民などが大阪都構想の住民投票時に対案として提示し、6月に設置条例が可決された。

 この日の会議では、橋下徹大阪市長(46)ら大阪維新が、都構想の柱だった大阪府市の二重行政の解消を優先課題とすることを目指し、「二重行政はない」とする自民などが議題とすることに消極的だとして、大阪会議の規約に「大阪都構想の対案」である旨を明記するよう求めた。

 しかし自民などは反発。橋下氏や松井一郎・大阪府知事(52)が「都構想の対案ですよね」「メディアでも発言していた」と追及したが、自民議員らは「大阪を元気にするためのツールだ」「市民は対話を望んでいる」と繰り返し、“都構想の対案”だと明言しなかった。これに橋下氏が「だましたんですか」と失笑するシーンもあった。

 双方、語気を荒げての応酬が止まらず、結局、暫時休憩を挟んで行われた2時間会議は、紛糾したまま終了した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス