文字サイズ

波瑠 次期朝ドラ豪華セットに仰天

次期NHK朝ドラの取材会に出席した(左から)寺島しのぶ、宮崎あおい、波瑠、玉木宏、近藤正臣、升毅=NHK大阪放送局
超豪華なセットを使用してスタジオ収録がスタート。中央はヒロイン役の波瑠=NHK大阪放送局
2枚2枚

 女優・波瑠(23)がヒロインを務める次期NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」(9月28日放送開始)のスタジオ収録が2日、大阪市の同局でスタートし、波瑠や姉役の宮崎あおい(29)ら出演者が出席して取材会が開かれた。

 朝ドラ初の幕末から物語が始まる同作品。同局スタジオには、朝ドラ史上最も裕福な家に生まれた設定となるヒロイン「あさ」の実家で、幕末の京都の豪商「今井家」の超豪華セットが設けられた。

 この日、初のセット撮影に臨んだ波瑠は「初めてセットを見てびっくりしています」と目を見開いた。

 同局によると、通常の朝ドラのセットはスタジオの半分を使って建てられるのが一般的だが、今回は豪商邸ということもあってスタジオ全面が使われ、しかも撮影が進むごとに新たな部屋のセットに作り変え、通常の延べ4倍の“敷地面積”になるという。

 佐野元彦エグゼクティブ・プロデューサーは「普段の朝ドラが2LDKだとしたら10LDKぐらいです」と説明。具体的な金額については明言を避けたが、08年・NHK大河ドラマ「篤姫」を担当した佐野氏は、今回の衣装についても「篤姫に負けないくらいです」と明かした。

 鮮やかな着物姿で登場した波瑠は「私は庶民の家の生まれですが、華やかな着物で、テンションがあがります」と笑顔。「篤姫」で主人公・篤姫を演じた宮崎も「篤姫もすごかったですが、久しぶりに(着物の)裾を引いて歩いて、最初ちょっと足がからまったりしてしまいました」と語った。

 セットには、邸宅の中庭に茶室まで造られ、主人公の許嫁役の玉木宏(35)は「本当に大河ドラマのセットみたいですね」。母親役の寺島しのぶ(42)も「NHKのモチベーションの高さを感じます」と感嘆の声をあげていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス