文字サイズ

早見あかり「マッサン」スピンオフ主役

朝ドラ「マッサン」のスピンオフが完成し、会見した早見あかり(左)と江口のりこ=NHK大阪放送局
朝ドラ「マッサン」のスピンオフが完成し、会見した早見あかり(左)と江口のりこ=NHK大阪放送局
2枚2枚

 NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」のスピンオフ版が完成し、10日、前編「すみれの家出」の主役早見あかり(20)、後編「たそがれ好子」の主役江口のりこ(34)が大阪市のNHK大阪放送局で会見した。早見は本編における大阪編、北海道編には出演できなかったことから「心残りが大いにあった。スピンオフの主役をできてすごくうれしい」と満足そうにほほ笑んだ。

 早見は本編を振り返って「出演が決まり、どんなふうに演じようが考えているうちにクランクアップになった。北海道編では手紙だけの登場で」と力を出し切れなかったことを悔やんだ。櫻井賢チーフプロデューサーも「すみれにちゃんとした芝居を作れなかった」と悔いが残り、スピンオフでの主役抜てきが決まった。

 早見は本編では主人公亀山政春の妹すみれを、江口は政春が務めた佐藤酒造の事務員安藤好子を演じた。

 早見は「すみれはお兄ちゃんに似ていて猪突猛進タイプ。何も計画しない。そのことを本編では表現できなかったけど、スピンオフでは表現できた」と女優としての手応えを語った。

 アイドルグループ・ももいろクローバーZ(※在籍当時はももいろクローバー)のメンバーだった早見は、紅白歌合戦に3年連続出場したメンバーに「あたしも追いつくから、そこにいてって思ってます」とゲスト女優として紅白という夢舞台での共演を誓った。

 いずれもNHK-BSプレミアムで前編は4月25日午後8時から、後編は5月2日午後8時から。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス