文字サイズ

テレ朝会長 「報ステ」騒動を謝罪

 元経済産業省官僚の古賀茂明氏が27日に放送されたテレビ朝日「報道ステーション」で官邸を批判する発言をし、自らの降板について「早河会長に降ろされた」などと発言したことについて、同局の早河洋会長が31日の定例会見で「あってはならない件。お詫びしたい」と謝罪した。

 また、古賀氏の名前を挙げて降板をさせたとの古賀氏の言い分については「名前というより、『本来のコメンテーターの役割を実現できる人という観点が重要』だと言いました」と説明し、間接的に否定した。

 早河会長は「報道ステーションはニュースの解説、伝達という役割を持った番組。意見や解説ではなく、出演を巡る私的なやり取りが番組内で行われたことはあってはならない件だったと思います。視聴者の皆さまから見たら理解できなかった部分があったと思います。予定にないハプニング的なことで遺憾に思っております」と遺憾の意を示した上で、「生放送でしたので、局としては精いっぱいの対応でしたが、進行上ああした事態にいたったことはおわびしたい」と謝罪した。

 当時、早河会長は大阪に出張しており、生放送後に全容をチェックした。「降板するという話がいったりきたりしていたので残念だった。放送責任に帰結すると思います」と振り返った。

 古賀氏が言及した「官邸からのバッシング」については「バッシングの具体的な中身については、私は聞いていません。内容は承知しておりません」とした。

 古賀氏は番組の生放送中に「官邸の皆さんからものすごいバッシングを受けた」などと、官邸から圧力を受けたことを主張。古舘伊知郎キャスターが「承服しかねます」と反論した。

 また、番組降板について「テレビ朝日の早河(洋)会長と(番組制作協力の)古舘プロジェクトの会長の意向で今日が最後ということになりました」と発言していた。

 バトル後初となる30日の放送では古館氏が騒動を視聴者に謝罪した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス