文字サイズ

柳葉敏郎ソフトテニスのコーチ資格取得

舞台あいさつした(左から)井上春生監督、小市慢太郎、平祐奈、大友花恋、柳葉敏郎=東京・スペースFS汐留
1枚拡大

 俳優の柳葉敏郎(54)が23日、都内で行われた映画「案山子とラケット」(4月4日公開)のイベント試写会に出席し、日本体育協会の指導員資格を取得していたことを明かした。

 学生時代にソフトテニスに打ち込んでいたという柳葉は「娘も始めたので、指導者の資格を取ろうと思ったんです」と告白した。関係者によると、2013年末に合計36時間の講習を受けて資格を取得したという。

 映画は、心に傷を負って東京から日本海の島に転校してきた少女・亜季(平祐奈)と、地元で育った珠子(大友花恋)がソフトテニスを通じて友情を育む物語。柳葉は「どうしても出演したくて『半日でもいいから』とお願いを聞いてもらったんです」とソフトテニス愛を強調した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス