文字サイズ

OLタレント坪井安奈自社ゲームCMに

 タレント活動の傍ら、業界誌の編集長も務める“OLタレント”として人気の坪井安奈(26)が、自社が手がけるソーシャルカードゲーム「神獄のヴァルハラゲート」のテレビCMに出演することが12日、わかった。CMは13日から放送される。

 人生初というCM撮影に臨んだ坪井は「本当に緊張しました。普段、社員がどんな想いでゲームを作っているかという現場を見ているからこそ、なんとかゲームの魅力を伝えたいという気持ちが高まり、プレッシャーは一層大きくなりました」と撮影時の心境を吐露。「前日もあまり眠れなかったですね。このままではカメラに向かって自然に笑えないかもしれないと思って、実は朝にちょっとだけお酒を飲んでから撮影に行きました」と秘話も明かした。

 坪井は2011年9月に慶應義塾大学を卒業。在学中には横浜(現DeNA)ベイスターズのチアリーディングチーム「diana」に所属し、日本テレビのニュース番組にも出演していた。12年4月に小学館に入社し、雑誌の編集業務に携わった。13年12月に小学館を退社。昨年3月に「週刊プレイボーイ」でグラビアデビューするなど、タレント活動を再開する傍ら、ソーシャルゲーム開発会社「グラニ」に入社し、OLとしても活動している。

 「OLタレント」という立場を、坪井は「OLタレントという肩書きになって約1年が経ちました。OLとタレント、2つの仕事をやっているので今までよりも時間と労力がかかるのはもちろん、一見相反する2つの職業であることから、中途半端に見えるという厳しい声もありました」と説明。その上で「どちらかを諦めるのでなく、どちらもやる方法を考えるというのが、変わらない私の方針です」と自身の信念をアピールした。

 また、自社ゲームのCMに出演した感想を「まさにOLタレントという働き方を体現できる仕事だったので、今回の経験は本当にうれしく思っています。CMを見て、『ヴァルハラ』をたくさんの人に遊んでもらえたらうれしいです」と話した。

 「神獄のヴァルハラゲート」は、株式会社グラニがGREE上に提供しているソーシャルカードゲーム。累計会員数は200万人を突破(2015年3月現在)している。神と悪魔が共存する世界「ヴァルヘイム」を舞台に、ギルド同士で戦うリアルタイムバトル「聖戦」で、仲間との「連携」や戦局を変える「奥義」を駆使した、白熱のバトルが体感できる。また、有名漫画家や豪華イラストレーター陣が手がける、美麗キャラクターも多数登場し、人気を博しているという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス