文字サイズ

「電撃ネットワーク」解散?南部明かす

3日に亡くなった「電撃ネットワーク」の三五十五さん
1枚拡大

 肺がんのため3日深夜に52歳で亡くなったパフォーマンス集団「電撃ネットワーク」の三五十五さんの死に対して、リーダーの南部虎弾(63)が5日、フジテレビ系「ノンストップ!」の取材に対して、集団の一時解散も考えていることを明らかにした。

 南部は3日、死去の報に病院へ駆けつけると、三五十五さんが母らの手によって「電撃ネットワーク」のユニホームとも言える赤いつなぎを着せられていたことを明かし、「額に触ったりした」という。その顔は笑顔に見えたとも話した。

 そして南部はグループの今後について「全ての構成を4人で考えて作ってきた。代わりになる人を探したがしっくりこない…1回解散も考える」と決意を明かした。

 それだけ、三五十五さんの存在はグループにとって大きかった。

 密葬は6日、遺族、近親者のみにより都内で執り行われ、後日「お別れ会」が予定されている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス