文字サイズ

伊勢谷「花燃ゆ」視聴率「10%あれば」

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」クランクアップ会見を行った伊勢谷友介=東京・松陰神社
3枚

 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」(日曜、後8・00)で吉田松陰役を演じた俳優・伊勢谷友介が27日、東京都世田谷区の松陰神社でクランクアップ会見を行った。低視聴率について聞かれると、大河離れについて否定的な見解を示した上で、娯楽や映像が多様になっていることを指摘し「10%あればありがたい」と持論を展開。今後の視聴率について「数字は上がっていくのでは」と話した。

 伊勢谷は25日深夜に処刑シーンを撮影し撮影が終了。1人のシーンだったにもかかわらず現場には東出昌大ら“弟子役”の俳優が集結したという。これまで17回に出演し、最後の出演は4月26日となる。

 伊勢谷は「松陰先生はこれまで演じた役の中で最も自分の意思や哲学に近い人だった」と思い入れたっぷりの役とあって、「ただのヒーロー像にしたくなかった。普通の人も成長の過程でいろいろ経験すれば彼になり得る、ということを体現したかった。彼は行動の人。今の時代も行動が求められている。大事に考えている分だけプレッシャーを感じた。撮影の前日、前々日は台本に向き合っていた7カ月でした。無事に終わってほっとしています」と笑顔で熱く振り返った。

 また視聴率がふるわないことについて問われると、「多くのベーシックに見ている方は離れてはいないと思う」と“大河離れ”を否定した上で「今の時代は映像のありかたが多様。僕が出演した一番の意味は、おうちにいらっしゃるお年寄りの方々に感じたもらえること。10%もあれば十分じゃないかなと僕は考えています」とコメントした。

 また、今後の視聴率について「見ている人にはちゃんと伝わる内容。これから闘いだらけになるので、数字は上がっていくんじゃないかな」と話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス