文字サイズ

「ダブルアーツ」復刻連載に喜びの声

 過去に週刊少年ジャンプ(集英社刊)で連載されていた「ダブルアーツ」(古味直志さん作)、「家庭教師ヒットマンREBORN!」(天野明さん作)、「太蔵もて王サーガ」(大亜門さん作)の3作品が、集英社が漫画を配信するウェブサイト「少年ジャンプ+」で復刻連載されることが4日、発表された。

 中でもツイッター上での反響が大きかったのは「ダブルアーツ」。08年に連載されていたが、約半年で打ち切りになった。しかし、「死に至る病に冒された少女と、その少女に触れている限り病の進行を止められる特異体質を持った少年」という2人によるストーリーへの評価は高かった。

 「ダブルアーツ」の作者・古味直志さんは現在、ラブコメ漫画「ニセコイ」を週刊少年ジャンプに3年以上連載し、人気作となっている。ツイッター上では「復刻うれしすぎる」、「ニセコイよりダブルアーツの方が好き」などといった喜びの声が上がっている。

 「ダブルアーツ」の復刻連載は4月に開始する。「家庭教師-」は2月4日から、「太蔵-」は3月からと告知された。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス