文字サイズ

相葉雅紀主演作 アジア公開が決定

 嵐の相葉雅紀(31)が26日、東京・六本木ヒルズで開催中の第27回東京国際映画祭内で行われた単独初主演映画「MIRACLE デビクロくんの恋の魔法」(11月22日公開)のワールドプレミアに登場した。

 相葉にとっては、嵐の5人で主演した07年公開の映画「黄色い涙」以来となる犬童一心監督(54)との再タッグ。100回泣くこと」などで知られる中村航が山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」をモチーフに書き下ろした原作を映画化。クリスマスに片思い中の4人の男女が繰り広げるラブストーリーだ。

 来年中に韓国、台湾、香港で公開されることも発表され、相葉は「すごいですよね。こっち(日本)でも公開されてないのに」と大喜び。主人公・光(相葉)の幼なじみを演じた榮倉奈々(26)は相葉との共演について「手をつなぐシーンがあるんですけど、(ぎゅっと握られて)折れるかと思った。でも、緊張してるから全然言えなくて」と暴露し、笑わせた。

 なお、光が運命的な出会いをする世界的な照明アーティスト役にドラマ「トンイ」などに主演した韓国の人気女優ハン・ヒョジュ、光の大学時代の同級生で漫画家役を生田斗真が演じている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス