文字サイズ

フジ社長「テラハ」のセクハラ問題言及

 フジテレビの亀山千広社長は30日、都内の同局で定例会見を開き、一部週刊誌で報道されたリアリティーショー「テラスハウス」でのセクハラ、パワハラ問題や、リアリティーショーにおける“演出”について、コメントした。

 亀山社長は、29日発売の「週刊文春」におけるセクハラ・パワハラ報道について「もしそういうのがあれば、注意しなければいけない。社内のコンプライアンスを含めて、徹底しなければいけない」と話した。

 さらに「セクハラはいけない」と厳しい口調。一方で、同誌で報じられた“パワハラ”の内容については、「パワハラにはヒエラルキーがある。ドラマなどを作る上では、徒弟制度の中でのギリギリの線」とし、「ただ、職権乱用をなくすよう考えなければならない」と自戒の念を込めて話した。

 また、リアリティーショーにおける“演出”についても同誌は批判しているが、亀山社長は、「これは立派なリアリティーショーというジャンル」とドキュメントでも報道でもないことを強調。告白の場面の指示などシチュエーションに関する“演出”はリアリティーショーという範ちゅうでは、ありえることだと理解を示した上で「(出演者の)気持ちに対する演出はあってはならない」と境界線を明確にしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス